テーマ:楽譜

ギターで弾くバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番

「明けまして..」.というにはもう一月も終わりそうですが、今年初めての書き込みです。 最近何度かギターでの演奏を聴く機会があって気になっている曲がバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタの第2番です。 この第2番のソナタは教会ソナタの形式をとっており、グラーヴェ、フーガ、アンダンテ、アレグロの4楽章からなって全曲弾くには20分以上かかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダウランド リュート曲全集

昔買って行方不明になっていたダイアナ・ポールトン編のダウランドのリュート全集が出て来ました。嫁さんの楽譜類に紛れ込んでいました。 就職した直後にギタルラ社の7コースリュートと一緒に買ったもので、当時はこの曲集から「蛙のガリアルド」だったかを練習してOB会で弾いた記憶があります。 ファンタジー、パヴァーン、ガリヤルドな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ソルの練習曲 作品31-16

レッスンでソルの作品31の練習曲をずっとやっていますが、今取り組んでいるのが16番。これが相当な難曲です。 使っている楽譜はソルのオリジナルと思われる、いつものBoije Collectionにのっているもの。これが一般的に弾かれている楽譜と結構違っている。一番有名なのは、セゴビア編の20の練習曲のものでしょうがこれの第8番。手持…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ギターは耐え、そして希望しつづける

あっという間に一ヶ月が過ぎ去り2月になってしまいました。 先日不用品の売却のため近所のブックオフに行ったのですが、そこでたまたま見つけたのがこのCD。 鈴木大介さんの「ギターは耐え、そして希望しつづける」という不思議なタイトルのCDです。アルバムタイトルになっている曲は池辺晋一郎さんの作品で、2010年の東京国際ギターコンク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盗賊の唄

今練習しているカタロニア民謡の「盗賊の唄」ですが、楽譜は大昔のNHKのギター教室のテキストに載ったいたものをつかっています。 表紙はこれ。1980年なので30年以上前になります。この頃ほとんどテレビをみなかったので、正直言って、小原聖子さんの放送は見た記憶が全くありません。きっとテキストだけを本屋で買ったのだとおもいます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年内最後のレッスン

今日は年内最後のレッスンでした。 とりあえずジュリアーニの変奏曲は終了。まだまだ弾き込みは必要なので継続的に見てもらいますが、メインのレッスンとしては次の曲に移ります。 バーデンジャズ組曲→ジュリアーニの変奏曲と結構大きめな曲が続いたので少し小品にチャレンジしようと思います。 弾きたい曲はいっぱいありますが、まずはリョーベート…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

次のレッスン曲

レッスンの曲ですが、とりあえずバーデンジャズ組曲は終了になりました。 バーデンジャズ組曲は秋の発表会に向け完成度を上げるための練習は続けるが、発表会までに時々見てもらうことにしレッスンのメインは次の曲に進むことになりました。 で、次に選んだ曲はジュリアーニの「ロッシーニのカヴァティーナ”おお、静かなる空よ”による変奏曲」作品10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレリュード ~ バッハ BWV998

もう少し先の話ですが、今レッスンで練習しているバーデンジャズ組曲が終わったら、次はバッハに挑戦したいと思っています。いっぱいあるバッハの曲の中で何をやるか結構悩んだのですが、「プレリュード、フーガとアレグロ」(BWV998)のプレリュードにするつもりです。使う楽譜ですが、手持ちの曲集にも収録されているのですが、セゴビアの編曲をベースにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソルの練習曲 作品31-23

福田さんの「19世紀ギター・デビュー!」に収録されている、ソルの練習曲 作品31-23がお気に入りでしばらく練習していました。荘厳な感じのする曲だとは思っていたのですが、曲の頭に書いてある"Mouvement de priere religiense."という言葉が「敬虔な祈りのように」という意味だというのを始めて知りました。 Exc…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more